医療レーザー脱毛はレーザーを照射して行う、今までの光脱毛や針脱毛よりもより早く、負担が軽く出来る脱毛方法として知られています。
特に医療レーザー脱毛の場合はレーザーが届く全ての範囲に脱毛施術をすることが可能なため、今までの脱毛よりも格段には訳せ術を完了することが出来るでしょう。
まとまった広範囲の脱毛を希望する際には、非常に選択肢として挙がりやすい施術方法です。
しかし医療レーザー脱毛にも、当然ながらいくつかのデメリットは存在しています。
まず医療レーザー脱毛には、保険が適用されないということです。
医療機関の施術ならば健康保険が適用されるはずだと考えている方は少なくありませんが、こういった脱毛の場合は保険の適用外となるケースが殆どです。
費用もサロンで行うものよりも数倍程度と、価格が高額になることが多いというのもデメリットとなります。
加えて、レーザーは毛のメラニン色素に対して作用するものなので、白髪や薄い毛に対しては効果が薄くなってしまいます。
また、メラニン色素が多く集まっているシミやアザ、ホクロに対して高出力のレーザーが照射されると、人によっては火傷などを起こしてしまうリスクも孕んでいます。
このように、メリットがあれば当然デメリットも存在しているというのが医療レーザー脱毛です。
施術の際は、メリットとデメリットをしっかり確認して決断することが重要になるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ